『子供の貧困問題』をテーマとした地方自治体データ活用プロジェクト始動

地方自治体での行政課題にデータ分析で取り組むプロジェクトが始まりました

 

毎年行っている、行政課題へのデータ分析チャレンジプロジェクトが新潟県燕市と弥彦村合同で、今年も始まりました。

 

4年目に当たる今年のテーマは 『子供の貧困問題』

 

これについて、選ばれたメンバーが大体3週間に一回集まり、プロジェクトを進めていきます。

データから現状把握がどうできるのか。そもそもどんなデータが必要なのか。

背景にある要因や方策につながる思考プロセスは何か・・・・等々

 

このプロジェクトを通じて、メンバーのスキル向上を狙うと同時に、数字を使って行政課題の解決を前に進める手助けを致します。

 

 

 

 

 

プロジェクトのキックオフに先立ち、メンバーに事前検討課題として出したお題がこちら:

 

A) 燕市、弥彦村での「貧困問題」について、あなたはどのように感じていますか?

B)現状を客観的に知るために、「貧困」をどのように具体的に定義すると良いと思いますか?

C) 上記の定義で現状を測るためには、どのような指標を使うと良いと思いますか?

 

いきなりデータを使い始めるのではなく、しっかりと課題の設計図を作るところから始めます。

・無駄な分析作業はしない

・データに振り回されない

・説得力ある結論を導き出す

 

これらを満たすためには、「データありき」ではNGです。

 

しっかりと考え方をリードさせて頂き、結果を出すと同時に、参加メンバーにはその道筋と考え方を実業務を通じて学んで頂きます。

 

11月終わりには、燕市の鈴木市長をはじめ、役所内への発表も予定されています。

 

なかなか難しいテーマだとは思いますが、”データでチャレンジ” どこまでできるか頑張っていきましょう。

 

他の自治体や組織等で、ご興味がある方、一度ご相談ください。

このような取り組みをサポートさせて頂いているのは私だけだと思います。

 

 

関連記事

  1. 東洋経済オンラインに寄稿しました

  2. タイの大学で講義実施しました

  3. ホームページの一部をアップデートしました!

  4. 11/21 野村総研主催での特別講演『データ分析を“活かす”ために必要…

  5. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

  6. Data&Story’s English pag…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP