2018年2月『自治体職員のためのデータ分析の基本』講座に登壇します

来年2月に滋賀県の自治体向け研修所にて行われる、「データ分析活用」プログラムの2日目の講師を務めることになりました。

www.jiam.jp/workshop/doc/2017/17304/tr17304.pdf

新潟県燕市や横浜市など、最近では全国各地の自治体で、「職員自身がデータを使って業務に活かす」ためのセミナーや研修、サポートを続けています。

その流れで今回は滋賀県でオープン研修プログラムを実施することになりました。

 

昨日も、燕市で今年度の「データ活用プロジェクト」の成果発表会を市長はじめ、多くの職員に向けて行いました。

今年のテーマはこちらでした。

 

 

 

 

複数の部門から若手中心にメンバーが集まり、とても面白い結論をデータ分析で引き出しました。

 

ご興味ある自治体関係者は、是非ご相談ください。

関連記事

  1. データ分析基礎センスを磨くために大学でのビジネスデータ分析授業でやって…

  2. 『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』 連載第2号

  3. 11/21 野村総研主催での特別講演『データ分析を“活かす”ために必要…

  4. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

  5. 『人は勘定より感情で決める』電子書籍版発売です

  6. 今年の登壇日数が160日超えとなりました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP