オンライン連載『そもそもデータから答えなんて出てこない』

正しい問いに答えていますか?

 

データ分析の実務活用に関して、One Marketingというメディアでの連載第2回が掲載されました。

我ながら、本質を突いた良い記事が書けたと自負しています。

 

仕事の中でデータ分析を活かすときに、恐らくは最も大きなボトルネックとなっているであろう、「課題や目的の定義」

目の前にあるデータをいたずらにイジることで、何かしらの答えが出てくるという幻想を、そろそろ捨て去る必要があります。

http://www.onemarketing.jp/lab/btob-marketing/data-analysis_172

 

「正しい問いに答えていますか?」

これが正しくできていないは故に、結果が出なかったり、成果につながらなかったりします。

私がセミナーや研修などで常に本質としてお伝えしている内容の一つです。

是非記事をご覧ください。

 

 

 

関連記事

  1. 『日経情報ストラテジー7月号』連載 マネージャのためのデータリテラシー…

  2. 『日経情報ストラテジー1月号』連載第10回

  3. 【自ら正解を創り出すマインドを持つ 】 (日経BPコラム抜粋)

  4. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の…

  5. 全てに通ずる『ロジカルシンキング』スキル育成プログラムはいかがでしょう…

  6. 課題解決のためのデータ分析入門(3/24実施!)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP