日経XTech新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第2回

データ分析する余裕なし、スキルを生かせない問題職場

 

日経BP社による日経Xtechオンライン連載第2回が連続で掲載されました。

なぜデータ分析手法やスキルを身に付けてもなかなか組織内でのルーティンとして定着しないのか、使われないのかについて。

 

 

 

 

 

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00334/070300002/

第2回目の今回のテーマは『職場での時間制約』という物理的な壁を問題として挙げました。

本日中であれば無料会員登録で購読頂けるはずですが、多くの方に身近な課題としてお読み頂ければと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

 

関連記事

  1. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の…

  2. 『日経情報ストラテジー1月号』「マネージャのためのデータリテラシー講座…

  3. 横浜国大での「問題解決」「ロジカルシンキング」今学期クラスが終了しまし…

  4. 「統計」や「データ分析」を学んで何を成し遂げたいのか

  5. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

  6. オンライン連載最終回『データ分析ができている」ってこういうことです』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP