『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)


宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学 連載第5回。
人を突き動かして行動させるにはこれが効く!というゴールフレーミングを紹介。



健康関連商品などはこのアプローチが多いですね 。



 



でもやはり、「合意に至る」「相手を巻き込む、説得する」というゴールを見据えると、相手の心の動きやバイアスを知っていることは本当に重要だと思います。



単にロジックとデータだけで太刀打ちできないケースもありますので。



 



ご興味ある方は是非ご覧下さい。



また、行動経済学をテーマとした講演も増えておりますので、ご相談ください。



 



P_20160530_145808P_20160530_145946



 



 



 



 



 



関連記事

  1. データ分析活用の基本コンセプト(機械がやる仕事 vs 人がやる仕事)

  2. 新刊『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』

  3. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最後に物を言うのは、腹の括り方』

  4. 宣伝会議『100万社のマーケティング』連載です

  5. データ分析活用のカギは「統計を学ぶこと」ではありません

  6. Biz/Zine連載第4回「制約と闘いながら「抜け漏れ」のないロジカルな分析をする方法

PAGE TOP