『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)


宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学 連載第5回。
人を突き動かして行動させるにはこれが効く!というゴールフレーミングを紹介。



健康関連商品などはこのアプローチが多いですね 。



 



でもやはり、「合意に至る」「相手を巻き込む、説得する」というゴールを見据えると、相手の心の動きやバイアスを知っていることは本当に重要だと思います。



単にロジックとデータだけで太刀打ちできないケースもありますので。



 



ご興味ある方は是非ご覧下さい。



また、行動経済学をテーマとした講演も増えておりますので、ご相談ください。



 



P_20160530_145808P_20160530_145946



 



 



 



 



 



関連記事

  1. MarkeZineオンライン記事『なぜ「データ分析力」ではなく「データ活用力」が必要なのか?』

  2. 7~8月のデータ分析活用オープンセミナーのご案内

  3. 3/16 産学官連携シンポジウム「KYOTO AI(きょうと あい) × ビッグデータ」で登壇

  4. 【日経情報ストラテジー2月号連載】あまのじゃくなロジカルシンキング

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#1)

  6. 横浜国大での「ビジネスデータ分析」授業の一部動画(日本語版)

PAGE TOP