【日経情報ストラテジー2月号連載】あまのじゃくなロジカルシンキング


「あまのじゃくなロジカルシンキング第5回」は、そもそもの発想に抜けがあると、その後いくら論理思考してもNGだ、という点について書いています。



今話題になっている「定時退社が守られない」の要因仮説をロジカルに挙げる事例です。



この問題は、「業務」、「人」、「制度」などに焦点が当たりがちですが、本当にそれだけなのでしょうか?という疑問をロジカルに投げかけています。
残業100時間(月間ではなく年間合計)で仕事をマネージしていた私自身の経験と、管理職として部下の残業管理していた経験などもヒントにしています。
2月3日実施の「マネージャのためのデータリテラシー講座」もばっちり1ページ宣伝頂いております。是非ご覧ください!



 



P_20161228_172915  P_20161228_173332P_20161228_173714



関連記事

  1. BizZine連載『「RESAS」の良い点や気になる点を理解して、データを活用・分析するには?』

  2. 台湾版出版決定!『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術』

  3. データサイエンティストサミット2014で基調講演をします(11/20)

  4. 地方自治体でのデータ活用の取り組み成果が新聞記事に(和歌山県紀の川市役所)

  5. 『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』 連載第2号

  6. 問題解決のプロセスを分かりやすく伝える

PAGE TOP