マネージャのためのデータリテラシー講座(連載第3回)


本日発売の『日経情報ストラテジー12月号』です。
マネージャのためのデータリテラシー講座第3回は、データ範囲の選び方について。



分析者に丸投げするとロクなことが起こらないので、しっかりチェックしましょう、という内容です。



自分で実際に分析作業をしないマネージャの立場の人が、どうチームのアウトプットの質を高め、リスクを軽減するか、という技術ではなく、知識と考え方をお伝えしています。



いずれ絶対にこれも研修・セミナーコンテンツにしようと思っております。
今回は本の出版や、先月始めた新セミナー「仮説立案」の盛況ぶりの記事など複数箇所に登場しています。 機会があれば是非ご覧下さい。



 



CIMG6181 CIMG6182 CIMG6184 CIMG6185



関連記事

  1. 【再掲】9/26 東洋経済主催「半日でデータ分析活用の標準エッセンスを学ぶ」セミナー開催

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.58(「残業が多い」問題をどう解くか)

  3. 無料メルマガが100号を迎えます!

  4. BizZine連載『課題特定後に潜む、ロジカルデータ分析の罠──“方策くん”を卒業する要因思考』

  5. 「ロジカルに考える」とはどういうことか

  6. 『日経情報ストラテジー』連載とサントリーでの研修記事

PAGE TOP