増刷決定!『それちょっと、数字で説明してくれる? と言われて困らない できる人のデータ・統計術』


SBクリエイティブ社



『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術』



https://www.amazon.co.jp/dp/4797383003/



が発売以降、順調に売れており、この度増刷が決まりました。



 



私の実務データ分析活用プログラムの標準内容を網羅した本書は、どのような実務をやっている人にも



「なるほど、データ分析を仕事に生かそうとすると、そういう思考が最初に必要なのね!」



 



と思って理解して頂くことを念頭に書いた本です。



決して、データサイエンスやビッグデータ、機械学習、IoT、AIといった流行りものには左右されない本質的なコンテンツをご提供できていると自負しております。



 



まずは、いつもグラフや表でデータを整理して終わってしまっている人、本当に仕事の成果にデータを活かしたいと思っている人にはお勧めです。



 



是非ご覧頂ければと思います。よろしくお願い致します。



本表紙イメージ(柏木)



関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.59(データ分析活用の第一歩は受け身発想を脱すること)

  2. 『日経情報ストラテジー12月号』連載:あまのじゃくなロジカルシンキング

  3. ビジネス書完全ガイドに「統計の達人」として登場

  4. 4~5月のオープンセミナーのご案内

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.45 (そもそも何のためにデータ分析をするのか?)

  6. 新潟県燕市役所での行政課題データ活用プロジェクト発表会

PAGE TOP