実務データ分析虎の巻Vol.21(それは“誰の視点”での課題ですか)


bnr_toranomaki



 



データ分析はもちろん、課題解決を行う最初のステップは課題定義ですが、課題を定義するにも、「誰にとっての(誰の視点での)」課題かを意識することを忘れることがあります。



 



それによってゴールとなる指標が変わるからです。



 



例えば、『観光振興』という課題に対して、観光地や行政(地方財政)の視点では「いかに観光収益を上げるか(観光客にお金を落とさせるか)」がメイン指標になり、この視点での課題とゴールを明確にします。



 



一方、観光客の視点では、観光客から見た観光地の魅力度を上げ、訪問者の数を上げることがゴールとなり、魅力度や観光客数がメイン指標となるでしょう。



 



同じテーマや課題でも、誰の視点かを決めることの重要さがわかりますね。



関連記事

  1. 地方自治体でのデータ活用の取り組み成果が新聞記事に(和歌山県紀の川市役所)

  2. 関電L&A様の幹部候補生育成プログラムの対談をアップしました。

  3. 【ウイングアーク社オウンドメディア連載最終回】

  4. 内閣府・経産省で行った「地域活性化のためのデータ分析活用」の講演資料を一部ご紹介

  5. カンボジアの現地中学校を訪問

  6. 私を選択頂く理由

PAGE TOP