日経情報ストラテジー連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」


日経情報ストラテジー7月号の連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」。



 



今回のテーマは、みんなが悩む、



ロジックツリーは一体どこまで掘り下げればよいのか、



について。



 



課題や要因を掘り下げるときに、ロジックツリーと呼ばれるものを用いて、構造化します。



理屈ではわかるのですが、一体どこまで掘り下げればよいのか、という現実的な処方箋として実践的な方法論を紹介しています。



 



これはどこにも書いておらず、でも実践してみると誰もが実際に悩む大きなポイントなのです。



提案を作る、課題解決をする、データ分析をする、いずれにおいてもとても大切なポイントです。是非ご覧ください。



7/28実施の「課題立案実践講座」の案内も大きく掲載頂いております。



 



Pic 1 Pic 2 Pic 3



関連記事

  1. 日経コンピュータ連載『問題解決に導くファシリテーション術』

  2. 【新潟県燕市長とご一緒に】

  3. 実務家のための「データ活用」徹底実践講座【オンライン】(9/9)

  4. 6/23 オンライン基調講演『【データ活用のトリセツ第一回】“旬な”データからインサイトを得る』

  5. ITPro連載『データ活用に必須の課題分解術』第5回が掲載されました!

  6. 地方自治体データ活用記事アップデート「目的のないデータは価値を生まない」ってどういうこと?

PAGE TOP