日経情報ストラテジー連載第17回


CIMG5584『日経情報ストラテジー8月号』、「間違いだらけのデータ分析」第17回の今回は、これまであまり触れてこなかった”検定”について。



 



なぜ触れてこなかったかというと、連載の中でも触れましたが、実務で日常的に使うことに馴染まないからです。



 



ただ、専門的、統計的な視点では、知識として知っておいて損はないと思い、そのエッセンスを紹介しました。



データ分析で使うデータは”全て”を表しているわけではなく、あくまで”サンプル”ですので、そのサンプルからその外も含めた全体の傾向を確かめるという発想です。



CIMG5585



 



 



 



 



 



 



遂に次回、この連載も最終回となります。もちろん、新連載も準備中です。



どうぞこちらもお楽しみに!



関連記事

  1. データ&ストーリー5周年を迎えました!

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.37(データ分析活用の本質はテクニックや知識ではなく○○だ)

  3. 【日経情報ストラテジー連載】課題の切り口はこうして見つけよう!

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.8(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#3)

  5. 宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 現状維持バイアスとサンクコスト

  6. BizZine連載「プレゼン開始後10秒後に、あなたの「提案却下」が決まるワケ」

PAGE TOP