日経情報ストラテジー連載第17回


CIMG5584『日経情報ストラテジー8月号』、「間違いだらけのデータ分析」第17回の今回は、これまであまり触れてこなかった”検定”について。



 



なぜ触れてこなかったかというと、連載の中でも触れましたが、実務で日常的に使うことに馴染まないからです。



 



ただ、専門的、統計的な視点では、知識として知っておいて損はないと思い、そのエッセンスを紹介しました。



データ分析で使うデータは”全て”を表しているわけではなく、あくまで”サンプル”ですので、そのサンプルからその外も含めた全体の傾向を確かめるという発想です。



CIMG5585



 



 



 



 



 



 



遂に次回、この連載も最終回となります。もちろん、新連載も準備中です。



どうぞこちらもお楽しみに!



関連記事

  1. 日経情報ストラテジー4月号連載!

  2. 講演します!『自治体におけるEBPMの実践に本当は必要なこと』(3/2)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.45 (そもそも何のためにデータ分析をするのか?)

  4. 『100万社のマーケティング』で行動経済学の連載開始!

  5. 『日経情報ストラテジー1月号』「マネージャのためのデータリテラシー講座」

  6. 100万社のマーケティング3月号「行動経済学」連載

PAGE TOP