英語でのパンフレットを作りました


最新パンフレットの英語版を作りました。



 



データ分析やロジカルシンキングは、大量のデータと機械が進化し続ける中で、それらを使いこなす「人のスキル」として益々必要となることは間違いありません。



もちろんそれは日本だけでなく、各国共通です。



 



正月にバンコクの大学でビジネスデータ分析を教えた際にもこの点は強く感じました。



どんどん自分の頭を作って価値の高い仕事のアウトプットを楽しみながら出せるようになることが理想ですね。



 



e382b9e383a9e382a4e383891 e382b9e383a9e382a4e383892 e382b9e383a9e382a4e383893 e382b9e383a9e382a4e383894



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.2(組織の中で分析の納得性を高めるもの)

  2. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の呪縛』

  3. 成果につなげるデータ分析活用の本質 第4回掲載されました

  4. 【ウイングアーク社オウンドメディア連載最終回】

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.51 (部門間の業務連携が進んだ理由とは?)

  6. 7/6(金)日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』セミナー

PAGE TOP