日経BP主催『仮説立案実践講座』(3/15)


「良い仮説」ってどういう仮説?どうやって立てるの? にお答えします

問題解決でもデータ分析活用でも、まずは仮説を立て、その検証のためにデータなどの客観的な情報を用います。

つまり、データを活用するためにもその下地となる仮説は必須なのです。

良い仮説と悪い仮説の違いは何なのでしょう。良い仮説を立てるためには、何をどのように考えればよいのでしょうか。

これらに対する答えとテクニックを多くの演習を交えながら修得頂きます。

今回もたくさんの演習を交えながら、オンラインにて実施致します。

ロングセラーとなっている、他では受けられないこのプログラムへ是非ご参加ください。

https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc220315/


関連記事

  1. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5つのポイント』

  2. 2021年度始動しました。「最適なオンラインプログラム」をご提供します。

  3. データ&ストーリー7周年を迎えました

  4. ここでも注意!「相関と因果関係」の問題

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.17(最初の課題定義で気を付けること:その2)

  6. 12/9 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』開催!

PAGE TOP