自治体のデータ活用成果発表会を企画!


全国の地方自治体のクライアントの皆さまをオンラインでつなぎます



 



今年度「自治体、行政におけるデータ分析活用」プログラムでお手伝いをさせて頂いた地方自治体の皆さま向けに、「行政でのデータ活用成果発表会」をオンラインで12月に開催することにしました。



 



これは、私が年間を通じて「研修」⇒「実課題、実データを用いた実践演習」という流れをご提供する中で、実践演習の成果(アウトプット)を共有できれば、更なる学ぶ、更なる資産になるのではと考えたところから、今年初めて企画しました。



本当にアイデア豊富で、且つデータでの客観性に裏打ちされた素晴らしいアウトプットを目にすることがあります。そういった素晴らしい成果を私のお客様である自治体間で共有頂くことで更なる価値を生み出せると考えています。





 



 



 



 



 



 



 



現在のところ、新潟県燕市、新潟県長岡市、和歌山県紀の川市の皆さまがエントリー頂いております。



その他、他の県庁や市役所の方々もオブザーバーとしての参加希望を頂いております。



 



特に、今回はオンラインの優位性を最大限活用し、それぞれの参加者が自分の場所から参加でき、費用や移動時間が掛からないことがメリットです。



EBPMが叫ばれている公共組織において、大きな価値を共有できることでしょう。



 



もしご興味があり、オブザーブを希望される自治体の方がいらっしゃればご連絡下さい。



 



とても楽しみです。是非成功しますように!



 



関連記事

  1. プロフィール写真

  2. 講演します!『自治体におけるEBPMの実践に本当は必要なこと』(3/2)

  3. (7/5)日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』セミナー開催です

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.23(「アンケート結果を平均で比較する」を脱する発想)

  5. 新刊『武器としてのデータ活用術』の表紙が確定しました!

  6. 増刷決定!『それちょっと、数字で説明してくれる? と言われて困らない できる人のデータ・統計術』

PAGE TOP