日経BP主催『「仮説立案」実践講座』(9/6)


「結局、問題解決もデータ分析も最初に立てた仮説次第ですよね」

私のデータ分析活用の研修を受けられたクライアントの方々からこの言葉をよく耳にしますし、私も“その通り”だと思います。

成果を大きく左右する「仮説」について、その良し悪しはどう決まるのか、できるだけ「良い」仮説を作るためにはどのようなスキルや考え方が必要なのか、多くの演習を通じてお伝え致します。

https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc210908/

良い仮説って何でしょう?そこに近づくためには、何をどう考える必要があるのでしょう。

本内容は、本プログラムおよび個別の企業研修でしか受講頂くことができません。

皆様とライブオンラインでお会いできることを楽しみにしております。


関連記事

  1. 日経XTECH『データ活用に必須の課題分解術 』連載最終回

  2. オンライン記事:新刊『武器としてのデータ活用術』について

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.17(最初の課題定義で気を付けること:その2)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.12(仮説構築力を付ける逆説的手段とは

  5. 社内変革のための”ロジカル”ファシリテーションとは?

  6. 1/22 「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座やります!

PAGE TOP