(8/2) 日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇です


「仮説を立てる」ってどういうことですか?



 



毎回多くの方にご参加頂いている「良い仮説の立て方」セミナーです。



単純にデータから情報を読み取り仮説を作ればよいわけではなく、むしろそれとは真逆のアプローチが必要となってきます。



 



問題解決もデータ分析も全ては質の良い仮説があって成り立つものです。



では一体「良い仮説」と「悪い仮説」とは何が違うのか?「良い仮説」を立てるためには何が必要なのか?について、多くの演習を交えながらお伝え致します。



 



https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc190802/





関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.7(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#2)

  2. 沖縄で新刊の執筆をしています

  3. ここでも注意!「相関と因果関係」の問題

  4. 最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です

  5. 「データを使った課題解決プログラム」のご要望が増えています

  6. 『日経情報ストラテジー1月号』連載第10回

PAGE TOP