実務データ分析虎の巻Vol.70(「考える」にも2種類あります)


「もっと考えて」と言われて”考える”こととは?

仕事での「考える」には大きく2種類あります。

ところがこれがあまり意識されていない故に、「考える」人材やスキルが正しく育成されていない現場によく出くわします。

 

その2つとは、次の2つです。

 

(1)  柔軟な発想で奇抜なアイデアを創出する

(2)  心理や課題解決に近づくためのロジックを構築すること

 

高校生などに「もっと考えなさい」というと、ほとんどが(1)を想定して、思いつくがままに方策を語り始めます。

彼らにとっては「考えて」いるのです。

 

仮に(1)のアイデアが素晴らしくても、社会人としては(2)に裏打ちされていない限り、納得されず、実行もされませんよね。

 

これ、高校生だけの話ではありません。

 

(1)で盛り上がったは良いけど、実行されなかった、成果が出なかった、という覚えはありませんか?

 


関連記事

  1. Note記事『場所にとらわれない働き方1年やってみてわかった自分なりのポイント』

  2. 日経コンピュータ連載『問題解決に導くファシリテーション術』

  3. 地方自治体でのデータ活用の取り組み成果が新聞記事に(和歌山県紀の川市役所)

  4. 『日経情報ストラテジー7月号』連載 マネージャのためのデータリテラシー講座

  5. 【再掲】日経主催『課題解決のためのデータ分析入門』(2022/1/20: オンライン終日)

  6. 中国語版『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』が発売!

PAGE TOP