埼玉県立熊谷図書館にて講演しました

県立図書館で『仕事に活かすデータ分析入門』と題した講演を行いました

 

3月11日(日)に埼玉県立熊谷図書館にて、一般向けのデータ分析活用について2時間の講演を行いました。

当日は様々な年代の方(恐らくはビジネス関連の人が多かったように思えました)にご参加頂き、熱心に話をお聞き頂きました。

 

特に、「課題や目的をしっかりと具体的にまずは決めましょう」

   「いきなり方策に飛ぶのではなく、しっかりと要因まで掘り下げましょう」

 

といった、課題解決や、データ活用の基本の”き”から、具体的な分析テクニックに至るまで、限られた時間内で、分析経験の大小にかかわらず、お役に立てそうな内容のエッセンスをお伝え致しました。

 

図書館からご依頼を頂いたのは初めての経験ではありますが、お話する内容は同じです。

データを活用するための本質や、基礎というのはどこでもお役に立てて頂くことができます。

 

今回は埼玉県庁の統計課も後援頂いており、地域のビジネス支援(この図書館のビジネス支援室が主催でした)のための取り組みの一環でもあるのです。

 

このような地域経済(ビジネス)支援活用などの講演、サポート等、ご相談頂ければ喜んでお力になりたいと思います。

関連記事

  1. 【日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』(9/23)】

  2. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

  3. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

  4. 1/18【第11回】「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講…

  5. Microsoft社とのタイアップ記事

  6. 行動経済学連載 宣伝会議「100万社のマーケティング」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP