東洋経済オンライン記事『できる人はデータ分析の本質を知っている』が公開されました!

できる人はデータ分析の本質を知っている

 

東洋経済のオンライン記事が公開されました。

 

「実践的なデータ分析のスキルを付けたい」

このように考えている方は、是非この短い記事をご覧ください。

 

「データ分析の本質」として、私がいつも自分の研修プログラムやセミナーの中で大事なポイントとしてお伝えしている「データ整理」と「データ分析」の違いがどこにあるのか、について触れています。

これが「ビジネスでデータを活かす」ための大事なポイントだからです。

 

いつもデータが活かせていないというお悩みを持つ企業はビジネスパーソンはどこに注目してスキルアップを図れるのか、について書いています。

http://toyokeizai.net/articles/-/202949

 

 

 

 

 

 

 

「データから導けることは何か」

これはデータ分析が自動で示してくれることではありません。

分析する人が自らのゴールとして設定して、そのために必要なデータや分析を使い分けるというスキルが求められます。

 

これらのスキルを直接学んで頂くことを目的に、2月に東洋経済主催の「データ分析活用」の3日間セミナーが再度開催されます。同じメンバーで3日間行う唯一のプログラムです。

 

是非ご検討頂ければと思います。3日間をがっつりと実りあるものにしましょう!

 

 

 

関連記事

  1. ここでも注意!「相関と因果関係」の問題

  2. データサイエンティストサミット2014で基調講演をします(11/20)…

  3. なぜダイエットが長続きしないのか:宣伝会議『100万社のマーケティング…

  4. 日経情報ストラテジー連載第17回

  5. 【BOOKSCAN取材インタビュー記事が掲載されました】

  6. (サイト限定記事)やはりデータ分析のビジネス活用に必要なのはツールでは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP