海外版の著作にサインさせてもらいました(横国)

横浜国立大学で教えているベトナム人留学生

 

先日、横浜国立大学で教えている留学生の一人(ベトナム出身)から、先日ベトナム国内で発売された、現地語版『それ、ちょっと数字で説明してくれる? と言われて困らない できる人のデータ・統計術』にサインを求められました。

 

毎週私が教えている生徒であると同時に、自分の著書の現地語版読者であるというのはとても嬉しいものです。

しかも、現地版を手に入れて持ってきてくれるのは著者冥利に尽きます。

 

こういう場面に出くわすと、

「自分が教えていることが役に立っている」

「教えていることが、将来的にば日本だけでなく、広く世界でも使われていく」

という可能性を感じます。

 

実務データ分析活用術は、まさにユニバーサルスキルの一つとも言えるでしょう。

日本国内だけでなく、世界での競争力獲得の意味でも、AI時代に求められるスキルだと思います。

 

関連記事

  1. 統計学の研修がなぜ企業で受けないのか

  2. 『日経情報ストラテジー3月号』第12回連載

  3. 【Youtube データ分析】「ふ~ん」を「ほぉ~」に変える!動画アッ…

  4. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

  5. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

  6. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP