連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ ~データ分析STEP5~』

ウイングアーク社のオウンドメディア「データのじかん」での連載第5回が掲載されました

データでの「現状把握だけ」から次の一手に行くには?について書きました。

単にデータをグラフ化しただけ、表にまとめただけ、平均や合計に集約しただけ、ではデータの整理に終わってしまいます。

これだといつまでたっても「データを活かしている」というレベルに到達できません。

「データを活かす」「データを分析できている」

という実感を抱くことができるために必要なこと、その第一歩とは一体何でしょうか?

https://data.wingarc.com/how-to-utilize-data05-7557

是非ご覧ください。

関連記事

  1. 英語でのパンフレットを作りました

  2. 翔泳社主催『「データ分析」x「ロジカルシンキング」基礎演習・講座』【オ…

  3. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5…

  4. 横浜国大「Logical problem solving」今学期終了!…

  5. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最…

  6. 社内変革のための”ロジカル”ファシリテーションとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP