連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ ~データ分析STEP5~』

ウイングアーク社のオウンドメディア「データのじかん」での連載第5回が掲載されました

データでの「現状把握だけ」から次の一手に行くには?について書きました。

単にデータをグラフ化しただけ、表にまとめただけ、平均や合計に集約しただけ、ではデータの整理に終わってしまいます。

これだといつまでたっても「データを活かしている」というレベルに到達できません。

「データを活かす」「データを分析できている」

という実感を抱くことができるために必要なこと、その第一歩とは一体何でしょうか?

https://data.wingarc.com/how-to-utilize-data05-7557

是非ご覧ください。

関連記事

  1. データのもったいない使い方~同じデータから立体的に情報を絞り出す

  2. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  3. 埼玉県立熊谷図書館にて講演しました

  4. 9/28新刊発売『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術…

  5. 「行動経済学のマーケティングへの応用」宣伝会議での連載記事が注目されて…

  6. 宣伝会議『100万社のマーケティング』連載です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP