2020年度のご依頼・相談はお早めに

2020年度のご依頼が多く入り始めています

 

過去のリピート案件を中心に、2020年4月以降のご依頼、スケジュール確保のスピードが例年以上に速い状況です。

各種プログラムをご検討の方(特に年度前半)は、早めにご相談頂き、スケジュールの仮押さえをお奨め致します(通常、結果的にご依頼頂かない場合でもキャンセル料などは原則発生致しません)。

 

2020年2月12日現在での状況は以下の通りです。パーセントは、稼働日に対する調整可能日数(空き状況の割合)を示しております。

4月:40%

5月:30%

6月:5%

7~8月:0%

9月:50%

10月:20%

11月:50%

12月:80%

1月:70%

2月:90%

3月:90%

たくさんのご依頼、御相談、誠にありがとうございます。

本当にありがたい限りではありますが、少しでも多くの方のご期待に沿えるよう早めのコンタクトをお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. お客様(人事担当者)からの嬉しい評価コメント

  2. 台湾版『上司からYESを引き出す!「即決される」資料作成術 』

  3. 連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』STEP 4

  4. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

  5. 5/29発売『週刊東洋経済』データ分析特集に登場

  6. 地方自治体職員向け「データ分析活用研修」の特集(記事公開)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP