2020年度のご依頼・相談はお早めに

2020年度のご依頼が多く入り始めています

 

過去のリピート案件を中心に、2020年4月以降のご依頼、スケジュール確保のスピードが例年以上に速い状況です。

各種プログラムをご検討の方(特に年度前半)は、早めにご相談頂き、スケジュールの仮押さえをお奨め致します(通常、結果的にご依頼頂かない場合でもキャンセル料などは原則発生致しません)。

 

2020年2月12日現在での状況は以下の通りです。パーセントは、稼働日に対する調整可能日数(空き状況の割合)を示しております。

4月:40%

5月:30%

6月:5%

7~8月:0%

9月:50%

10月:20%

11月:50%

12月:80%

1月:70%

2月:90%

3月:90%

たくさんのご依頼、御相談、誠にありがとうございます。

本当にありがたい限りではありますが、少しでも多くの方のご期待に沿えるよう早めのコンタクトをお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. タイの大学で講義実施しました

  2. 【日経BP主催『仮説立案実践講座』(4/27水)】開催です。

  3. 「ロジカルに考える」とはどういうことか

  4. データ分析活用の基本コンセプト(機械がやる仕事 vs 人がやる仕事)

  5. 記事『人はオンライン動画を何分見ていられるのか? 』公開しました

  6. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP