2020年度のご依頼・相談はお早めに

2020年度のご依頼が多く入り始めています

 

過去のリピート案件を中心に、2020年4月以降のご依頼、スケジュール確保のスピードが例年以上に速い状況です。

各種プログラムをご検討の方(特に年度前半)は、早めにご相談頂き、スケジュールの仮押さえをお奨め致します(通常、結果的にご依頼頂かない場合でもキャンセル料などは原則発生致しません)。

 

2020年2月12日現在での状況は以下の通りです。パーセントは、稼働日に対する調整可能日数(空き状況の割合)を示しております。

4月:40%

5月:30%

6月:5%

7~8月:0%

9月:50%

10月:20%

11月:50%

12月:80%

1月:70%

2月:90%

3月:90%

たくさんのご依頼、御相談、誠にありがとうございます。

本当にありがたい限りではありますが、少しでも多くの方のご期待に沿えるよう早めのコンタクトをお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

  2. 成果につなげるデータ分析活用の本質 第4回掲載されました

  3. 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う対応についてのお知らせ

  4. 今年の登壇日数が160日超えとなりました!

  5. データ&ストーリー最新プログラム一覧

  6. 『データから情報を絞り出すには#2』動画更新しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP