「データ分析活用」に必要な視点

これらを進めるには、実際の分析作業やデータ収集を行う前に、「仮説」が必要です。「こういう流れにすれば結論に至ることができるだろうな」 (緑色の矢印部分)や「こういう結論を出すためには、こういうことを調べないといけないだろうな」(赤丸部分)を筋道として事前に想定しておくのです。それをデータという客観的な情報で検証、確認します。

日経BP主催『「仮説立案」実践講座』(9/18)

誰もが知りたがる「仮説の作り方」「良い仮説、悪い仮説の違い」など。いずれもデータ分析や問題解決などには欠かせない基礎スキルと言えます。これを体系的に学べる機会はなかなかありません。

(8/2) 日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇です

「仮説を立てる」ってどういうことですか?   毎回多くの方にご参加頂いている「良い仮説の立て方」セミナーです。 単純にデータから情報を読み取り仮説を作ればよいわけではなく、むしろそれとは真逆のアプ...

2/9 日経BP主催『仮説立案実践講座』やります!

あなたは「正しい仮説の立て方」を知っていますか?   「データや情報からの気づきを元に」仮説を立てる   このように、仮説を立てるというとどうやって情報やデータを読み取るか、ということを考える...

7/28 日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇です

「質の高い仮説をどう立てるのか?」 誰もが知りたいこの秘訣をテクニックや考え方とともにお伝えするこのプログラムも、開催回数を重ねてきました。   http://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/cn/nis17072...

PAGE TOP