1/10発売『PRESIDENT』の特集に登場


プレジデントの特注「人生がうまくいく「24時間の鉄則」」に寄稿



 



1月10日発売のPRESIDENT 2020.1.31号の特集に『説得力があるデータ術』というテーマで2ページほど記事を書いています。



いつも伝えていることを少し簡略化しつつ、新たなネタ(事例)を扱って紹介しています。



例えば、サイコロを1万回振って、”4”が出る確率をビッグデータとデータサイエンスで出したところで、次に”4”が出る確率は1/6でしかない。つまり、過去の記述をどんなに精度よく算出してもそれは未来を保証する(見通せる)ことにはならない、といった内容が含まれています。





 



そもそもデータや数字を扱う上で大事な考え方が満載です。



他の記事も面白いものが多いので、是非ご覧ください。



 



 





関連記事

  1. 横浜国大「Logical problem solving」今学期終了!

  2. 【日経情報ストラテジー2月号連載】あまのじゃくなロジカルシンキング

  3. 東洋経済オンデマンド講座『実践!データ分析活用講座』公開開始!

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.50 (課題指標と分析データはマッチしていますか?)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.11(Excelが分析の足を引っ張るとき?)

  6. 「データを使った課題解決プログラム」のご要望が増えています

PAGE TOP