実務データ分析虎の巻Vol.86~「正しいデータを使う」はこんなにも難しい

「XX業界での人手不足が問題となっている」
例えばこの問題をデータで表現・把握する場合、どのようなデータを使えば良いでしょうか。
とあるワークショップで出てきたのが、XX業界での就業者数の推移を示す(折れ線)グラフでした。
大幅な右肩下がりのグラフが、事の深刻さを物語っている・・・・・と言いたかったのだと思いますが、私はここで”待った“をかけました。

日経BP主催『「仮説立案」実践講座』(5\22)

2024年度用に、本セミナーを含め「仮説」⇒「データ分析活用」⇒「実務実践ワークショップ」という一連の大きな流れを作りました。その中での第1弾(仮説立案)です。

データ活用に必要な要素(“つなげる”)

データ活用に必要なことを「どう表現して伝えるか」はいつも試行錯誤しています。特に、統計学や分析手法、データサイエンスといった「やり方」だけに拘って、うまく”活用“に至っていないケースには、どのような要素が足りていないのかをできるだけ明確にしてお伝えするようにしています。その要素をお伝えするための最新バージョンがこちらです。

2023年もお世話になりました

2023年も大変お世話になりました。数十を数える民間企業の皆様、12の自治体の皆様に対して「データ活用」のためのサポートをさせて頂くことができました。

9周年を迎えました!

データ&ストーリーとして9周年を本日迎えました。皆様のご支援ありがとうございます。

2024年度のご依頼が入っております

2024年度のご依頼が入り始めました。「データ分析活用」は、引き続きどの組織でも必要とされているスキルです。
昨年度も早い段階でスケジュールが埋まってしまいましたので、ご検討されている方は早めにご相談頂ければその分柔軟にスケジュール調整が可能となります。

PAGE TOP