実務データ分析虎の巻Vol.87~「データで問題解決」をする大事なプロセス


「データで問題解決」をする大事なプロセス

純粋な企業研修に加え、実際の問題やデータを扱ったプロジェクト(実践)型のサポートが一気に増えました。

その中で、特に「データを使って問題を解決する」ときに“うまくいっていない”ケースの大半が、適切なプロセスを踏んでいないことが明確になってきました。

 こちらは、某IT企業で部長向けに行った『データで社内変革』の取り組みをした際に使ったものです。

一般論としても、いきなり方策や要因に飛んでしまっている「プロセスを守らない」ケースだけでなく、より致命的なのは、図中BやCの「問題定義」と「指標(データ)」選びが不適切なケースが少なくありません。

 「まず目の前のデータから何が言えるか」から出発してしまい、そこから見えたことから”方策“に飛ぶ。

これでは問題解決までの道のりは長いでしょう。

今年度もこのような実践的なサポートをどんどん行っていきたいと思います。


関連記事

  1. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の呪縛』

  2. 埼玉県立熊谷図書館にて講演しました

  3. データ活用事例【自治体プロジェクト】

  4. 翔泳社主催『「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座』(8/26)

  5. SBクリエイティブ取材記事『なぜデータ活用は失敗する?』公開されました

  6. ITpro連載『データ活用に必須の課題分解術』第2回

PAGE TOP