最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です


海外でも読まれる普遍的な内容です



 



最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です。





 



 



 



 



 



 



 



海外で出版されるには、現地の会社に発見してもらい、その内容を認めてもらう必要があります。



それには、内容が本質的、普遍的なことであることが必須だと思います。



逆に言えば、海外出版される内容はそのようなものであるという証明でもあります。



 



内容には自信がありますので、向こうでもお役に立てると嬉しいですね。



是非、オリジナルの日本語版『武器としてのデータ活用術』もよろしくお願い致します。



 





関連記事

  1. 横国でのLogical problem solving授業

  2. 『日経情報ストラテジー7月号』連載 マネージャのためのデータリテラシー講座

  3. (7/5)日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』セミナー開催です

  4. BizZine連載『「RESAS」の良い点や気になる点を理解して、データを活用・分析するには?』

  5. 6/14 SMBCオープンセミナー『データ分析・統計手法の実務活用ポイント』登壇します

  6. ITpro連載『データ活用に必須の課題分解術』第2回

PAGE TOP