最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です


海外でも読まれる普遍的な内容です



 



最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です。





 



 



 



 



 



 



 



海外で出版されるには、現地の会社に発見してもらい、その内容を認めてもらう必要があります。



それには、内容が本質的、普遍的なことであることが必須だと思います。



逆に言えば、海外出版される内容はそのようなものであるという証明でもあります。



 



内容には自信がありますので、向こうでもお役に立てると嬉しいですね。



是非、オリジナルの日本語版『武器としてのデータ活用術』もよろしくお願い致します。



 





関連記事

  1. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

  2. (1/15)『課題解決のためのデータ分析入門』セミナー

  3. 3/12 日経BP主催『マネジャーのためのデータリテラシー講座』

  4. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られないのか?

  5. 『データ・統計分析ができる本』13刷目の増刷決定!

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.49 (分析者を悩ます係数の数々)

PAGE TOP