講演します!『自治体におけるEBPMの実践に本当は必要なこと』(3/2)

これはEvidence-Based Policy Making(証拠に基づいた政策形成)という意味です。特に地方創生の中で、限られたリソース(時間やお金、人的負担など)を効果的、効率的に使うためにも、「なぜそれが有効なのか/必要なのか」といった選択と優先順位付けが必要です。

地方創生!RESASフォーラム2017の講演動画 公開です

地方創生!RESASフォーラム2017での講演動画が公開   先日大阪で行った内閣府主催のRESASフォーラムの動画が内閣府から公開されました。私の講演もたっぷり入っています(当日はニコニコ生放送で5000人近く...

10/23 「地方創生★RESASフォーラム2017」での講演資料

10月23日に大阪ハービスHALLにおいて「成果につなげるRESAS・データ活用術」と題した、地方創生★RESASフォーラムが開催されました。 ここで、基調講演とモデレーターとして登壇させて頂きました。 基調講演は、「...

2/11鹿児島にてRESASシンポジウム基調講演致します

2月11日(祝)に鹿児島県にて、地方経済分析システムRESASのシンポジウムが開催されます。ここの基調講演に登壇致します。   なんとAKB48のメンバーもゲスト参加とのことで、そのチラシがすごいことにな...

PAGE TOP