今月は地方自治体向け「行政データ活用」が続きます


今月は地方自治体向け「行政データ活用」が続きます

今月は、富山市、長岡市、鹿児島市、福山市、燕市など、毎週どこかの自治体職員向けに「データ分析活用」のプログラムをご提供しています。

自治体でもEBPM「Evidence-Based Policy Making(根拠に基づく施策立案)」を目指しています。

業務におけるデータ活用に必要なポイントは、民間企業でも地方自治体でも全く同じです。
扱うテーマやケースが若干違うことはありますが、本質に変わりは有りません。

そのポイントはこちらの記事にまとまっています: https://www.jiam.jp/journal/pdf/121-03-01.pdf

自治体向けにも、いわゆる”研修”からスタートし、その後自業務課題で実践し、それをワークショップの中でれビュー(吟味)し、成果につなげる一連のプログラムを実施しています。

ご興味がある自治体はご相談下さい。


関連記事

  1. 東洋経済オンデマンド講座『5ステップで進めるデータ分析活用講座』

  2. 東洋経済主催「データ分析活用3日間研修」締め切り迫る!

  3. 徳島県立富岡西高校で「データを活用したストーリー作り」発表会

  4. 連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ ~データ分析STEP5~』

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その3)

  6. 7/13 京都にて「ビジネス実務データ分析セミナー」登壇します!

PAGE TOP