データ活用に必要な心構え5か条


データ活用のための心構え 5か条

一つ)具体的な分析の目的(何のために何を知りたいのか)なく、作業開始しないこと

一つ)データをうまくイジれば何かが見えてくるという発想を捨てること

一つ)データと方法が揃えば、だれでも同じ答え/正解が出せると思わないこと(分析者の裁量は大きい)

一つ)正解を探しにいかないこと(正解などない。正解を創るという発想で臨む)

一つ)データで”すべて”を語ろうとしない(語れない)と知ること


関連記事

  1. 【12/8 21時】インターネット授業Schooに登壇します

  2. 7/13 京都にて「ビジネス実務データ分析セミナー」登壇します!

  3. 私を選択頂く理由

  4. 日経情報ストラテジー5月号連載!

  5. 「研修」と「ワークショップ」の組み合わせが実課題での成果に直結しています

  6. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

PAGE TOP