英語でのアクティブラーニング授業(横浜国大)


横浜国立大学の4年生留学生プログラムでの一コマです。



英語によるビジネス系授業を年間5コマ担当し、作り上げています。



学生は本当に多国籍で、今求められる多様性、ダイバーシティ環境での実践的な力を身に付けています。



今年の1年生はドイツ、ベネズエラ、ナイジェリア、イギリス、カナダ、台湾、ベトナム、ケニア、中国、デンマーク、アメリカ、バージン諸島と本当に多彩です。



 



ビジネスに必要な会計、プランニング、データ分析活用といった具体的なテクニックの授業だけでなく、正解のない「課題解決」や「論理構築」といったアクティブラーニング、ディスカッション中心の授業が特徴(強み)です。



 



もちろん、これらの内容を企業や自治体向けに(日本語で)実施してもいます。



答えの無い課題に対し、どのように自らの主張を説得力を持って作り上げるか。または課題を解決するのか。



日本および英語での実践トレーニングを実施することが可能です。ご興味ある方、課題をお持ちの方は



是非ご相談ください。企業での選抜候補者向けなど、プロジェクト型での実施も可能です。





関連記事

  1. 『100万社のマーケティング連載』行動経済学のマーケへの応用

  2. 連載:成果につなげるデータ分析活用の本質 第3回「データ分析」と「データ整理」の違い

  3. 日経BP新連載「マネジャーのためのデータリテラシー講座」

  4. PRESIDENTムックに寄稿掲載『統計学ではわからないデータの使い方』

  5. リニューアルで書店に登場!「それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術」

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.74(「相関のある/なし」だけではありません)

PAGE TOP