講演します!『自治体におけるEBPMの実践に本当は必要なこと』(3/2)


事例から学ぶ地方創生セミナー登壇です



 



3月2日に東北経産局が主催する、地方自治体向け、自治体・行政におけるデータ活用のオンラインイベントに登壇します。



今回は私の基調講演に加え、今年度サポートさせて頂いた新潟県燕市役所のプロジェクトチームの皆さんにも成果を発表頂くことになりました。



今年のテーマは「地域の高齢者の交通手段」。これに対して非常に客観的で説得力のある成果が出ましたので、それを発表致します。



昨今、行政の世界を中心に話題になっているのがEBPMという言葉です。



これはEvidence-Based Policy Making(証拠に基づいた政策形成)という意味です。特に地方創生の中で、限られたリソース(時間やお金、人的負担など)を効果的、効率的に使うためにも、「なぜそれが有効なのか/必要なのか」といった選択と優先順位付けが必要です。



それを行うために客観的なもの(つまりデータ)に基づくべき、という考え方です。



 



これを実践する事例として、「データの使い方」を本イベントで追及したいと思っています。



 全国の自治体の皆様からも既に令和3年度の御依頼が入り始めています。



ご興味がある方は是非ご相談下さい。



関連記事

  1. データ分析活用に必要な本質を図式化してみました(レシピ理論)

  2. 高校生向けデータ活用ロジカルシンキング授業実施

  3. 3/1 日経BP主催『仮説立案実践講座』開催!

  4. 「行政へのデータ活用成果全国発表会」EBPMレポート掲載!

  5. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

  6. 【日経BP連載】マネージャのためのデータリテラシー講座

PAGE TOP