本日発売!『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術』


KADOKAWAより上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術が本日発売となりました。





 



 



 



 



 



サラリーマンであれば、だれでも一度は「提案作り」「資料作り」を経験するはずです。



何度も何度もやり直しを食らって、辟易としながらも頭を真っ白にして資料を作り直さなくてはいけない状況。長年のサラリーマン経験の中で、私自身もこんな状況に置かれたことは一度や二度ではありません。



 



どうすればこんな状況を減らすことができるのでしょうか。しかもできるだけ最短距離で。



世の中によくある話し方や資料の見栄えをよくする、といった小手先のテクニックではなく、本質的に、提案する内容に対して相手が納得して早く承認が取れるには何が必要なのか。



これに応えるべく、本書は2部構成になっています。



 



第1部では、質の高いアウトプットを作成するために、必要なテクニックに触れています。



具体的にはストーリーや結論をシンプルに見せること。そして見せる相手を知ること。「色使いやレイアウト」といった見た目ではなく、本質を伝えるための見せ方のテクニックに至るまで紹介しています。



 



「意思決定者の意思決定を楽にすること」というキーワードが出てきます。



 



第2部では、相手に理解してもらい、承認を得るための、コンテンツの作り方について触れています。



つまり、「説得力ある中身をどう作り込むか」です。これによって、手戻りや否決の確率を下げることを狙います。



 



「見せる側が見せたいものを載せる」のではなく、「見せられる側が見たいものを載せる」



というキーワードが出てきます。



 



「アウトプットで威力を発揮させる」ための本です。



是非ご覧頂ければ嬉しく思います。よろしくお願い致します。



http://amzn.asia/8FC896r



関連記事

  1. 2/13 「マーケティング・テクノロジーフェア2018」にて登壇します

  2. データがあるのに「分析」ができないのはなぜか?(Biz/Zineオンライン連載)

  3. データサイエンスと実務データ分析活用との本質的な違い

  4. 『日経情報ストラテジー』新連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」開始!

  5. 2/28日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇致します!

  6. 10/7 Schooに登壇『データ分析を活かすための 「仮説構築」実践入門』

PAGE TOP