横浜国大での英語での授業ビデオを作成しました


留学生向けの「ビジネス課題解決」「論理的提案」の2つの授業の様子を教師目線でビデオ化



 



素人ながら頑張ってプロモーションビデオを作成してみました。



何とか雰囲気は伝わりそうです。



 



毎週、本当に時代に沿った教育内容だと思い授業を行っています。



正直なところ、「日本人学生もこのような環境にガンガン入っていかないと」と思いますが、今の若い学生の中にはそれに答えられるやる気がある人も増えてきている気も致します。



 



 





 



来週、群馬県にある桐生高校というスーパーサイエンスハイスクール(SSH)で、高校生向けに「グローバルスキル」というテーマで講演をします。このビデオも見てもらい、自分だったらこの中で何ができるのか、考えてもらおうと思っています。



関連記事

  1. 連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』

  2. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。データ分析における逆転の発想とは」

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.45 (そもそも何のためにデータ分析をするのか?)

  4. (2/7) SMBCセミナーで登壇します

  5. 『日経情報ストラテジー3月号』第12回連載

  6. 「データ分析よくある誤解」をイラストにすると

PAGE TOP