2019年もお世話になりました


今年の登壇日数は159日でした



 



お蔭様で2019年も無事に予定していたプログラムを全て終了することができました。



皆さまのご支援に心から感謝致します。





 



 



 



 



 



今年は、「データ分析」の観点をより明確に広げて「データ活用」というキーワードを強く打ち出した一年となりました。その一つの金字塔が、今年出版した『問題解決できる! 武器としてのデータ活用術』(翔泳社)です。





 



データを活用するためには何が必要か。その応用先を民間と行政とに分けて、より明確にそれぞれに示すことができるようになった年とも言えます。



この流れを大切にしながら、よりクオリティの高いサービスを来年もご提供して参りたいと思います。



 



今年1年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。



関連記事

  1. 『子供の貧困問題』をテーマとした地方自治体データ活用プロジェクト始動

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#1)

  3. 【再掲】7/22 日経BP主催 大人気「仮説立案実践講座」実施します!

  4. クルマ情報誌「Goo10月号」に寄稿しています!

  5. 沖縄で新刊の執筆をしています

  6. データ活用に必要な要素(“つなげる”)

PAGE TOP