日経X-Tech連載『問題解決に導くファシリテーション術』


連載第2回:問題解決に導くファシリテーション術】日経クロステックのオンライン連載記事

先日、国際ファシリテーション協会のミーティングがあり、「日本だけが、ファシリテーションって”皆の意見を引き出して”、”まとめる”ことだと勘違いしている」という批判がありました。

その、日本のファシリテーションのガラパゴス性を指摘している回です。

残念ながら有料会員のみが全文を見られるようになっております。恐縮です。

『日経コンピュータ』の雑誌には、全文が掲載されておりますのでこちらでご覧頂くこともできます。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/080200244/090300002

貴社における、ロジカル・ファシリテーションスキルの育成もお手伝いさせて頂くことが可能です(実際に複数の企業にて進行中です)。

合意形成、会議の質と効率を上げる手段としていかがでしょうか。


関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その3)

  2. 【締め切り間近】翔泳社主催『「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座』(11/24)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol. 13(動画公開)データから情報を絞り出すには

  4. 「データ分析活用」に必要な視点

  5. オンラインインタビュー『「御社のデータ活用」が一向に進まないワケ』

  6. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

PAGE TOP