明日発売『週刊ダイヤモンド3/4号』特集記事書いています。


2月27日発売の『週刊ダイヤモンド』の特集は「文系こそ学べ データ分析 勝つための絶対スキル」



この中で、実務家がデータ分析を活かすための視点やテクニックを紹介する記事を寄稿しています。



 



ダイヤモンド1



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



ダイヤモンド2



 



 



 



 



 



 



 



一方で特集全体を見ると、



「データ分析専門家(サイエンティスト)を育成する」



「一般実務家がデータ(分析)を活用する」



という次元の違う話がいつもながら、かなりごっちゃになっているように見えます。



 



この違いを正確に認識して、過度な期待や情報に振り回されずに、本質的に必要なポイントに集中することで、現場でのデータ分析が本当の意味で活用され、成果に結び付きます。



 



今回の記事のテーマをこの点を紐解く内容にすれば良かったと改めて感じました。是非次の機会には・・・



関連記事

  1. 【本日独立後6周年を迎えました】

  2. 「統計」や「データ分析」を学んで何を成し遂げたいのか

  3. 【日経情報ストラテジー連載】あまのじゃくなロジカルシンキング

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.48 (分析ツールが活かされる条件とは)

  5. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.22(一番使われているデータ分析ツールはやっぱり“あれ”だった)

PAGE TOP