Microsoft社とのタイアップ記事


先日、日本マイクロソフト社とタイアップイベントとして、データ分析をいかに



仕事に使うかというテーマで対談を行いました。



 



その内容はオンラインの記事としてアップされました。



https://gunosy.com/articles/Rdai5



 



そこで思いついた言葉が「全員参加型データ分析」(私が思いつきました)。



一部の専門家が時間を掛けて分析するのではなく、現場にいる人たちがカジュアルに



くるくると必要な分析を回していくことが組織全体の競争力そのものになりますよね。



それを表したよい表現だと思っています。



 



是非とも今後もマイクロソフト社とは色々やっていきたいなと思っています。Microsoft



 



関連記事

  1. 地方自治体向けブログコンテンツアップデート『データで”評価”ができていますか?』

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.53(で、それが分かると何がうれしいのか?)

  3. 2017年は 31社 161日間の登壇実績

  4. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。データ分析における逆転の発想とは」

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.23(「アンケート結果を平均で比較する」を脱する発想)

  6. データ分析基礎センスを磨くために大学でのビジネスデータ分析授業でやっていること

PAGE TOP