東洋経済オンライン記事『できる人はデータ分析の本質を知っている』が公開されました!


できる人はデータ分析の本質を知っている



 



東洋経済のオンライン記事が公開されました。



 



「実践的なデータ分析のスキルを付けたい」



このように考えている方は、是非この短い記事をご覧ください。



 



「データ分析の本質」として、私がいつも自分の研修プログラムやセミナーの中で大事なポイントとしてお伝えしている「データ整理」と「データ分析」の違いがどこにあるのか、について触れています。



これが「ビジネスでデータを活かす」ための大事なポイントだからです。



 



いつもデータが活かせていないというお悩みを持つ企業はビジネスパーソンはどこに注目してスキルアップを図れるのか、について書いています。



http://toyokeizai.net/articles/-/202949





 



 



 



 



 



 



 



「データから導けることは何か」



これはデータ分析が自動で示してくれることではありません。



分析する人が自らのゴールとして設定して、そのために必要なデータや分析を使い分けるというスキルが求められます。



 



これらのスキルを直接学んで頂くことを目的に、2月に東洋経済主催の「データ分析活用」の3日間セミナーが再度開催されます。同じメンバーで3日間行う唯一のプログラムです。



 



是非ご検討頂ければと思います。3日間をがっつりと実りあるものにしましょう!



 



 



 



関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.48 (分析ツールが活かされる条件とは)

  2. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(Biz/Zineオンライン連載#2)

  3. 【オンライン連載】【ワークスタイル】「選ばれる」コンサルタント :サラリーマン時代に挑戦してきた経験が全て

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.47 (データ活用の成果を左右するもの(入口編))

  5. 【日経情報ストラテジー6月号連載】マネジャーのためのデータリテラシー講座

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

PAGE TOP