【日経情報ストラテジー連載】あまのじゃくなロジカルシンキング


「あまのじゃくなロジカルシンキング」第8回は、みな直ぐに方策に走り過ぎですよ、という点を、よく目にする地方創生の例を使って解説しました。



983922_1462853160426174_7049668867060280741_n 17759963_1462858707092286_6222049576150527980_n 17523060_1462853157092841_8701139423587128151_n  17800113_1462853153759508_1379142906019951635_n



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



課題をデータで特定したらすぐに方策案の検討。一見良さそうなのですが、要因までしっかり深掘りしてから、その要因対策を練らないと、本質的な解決にはなりません。



 



実は3年連載を続けた本誌も、あと3号で休刊となりました。



その前に私の本やセミナーもたっぷりと宣伝頂きました。ありがとうございます!



 



思い入れも強いので、大変寂しいですが、この後は同じ日経BPの他のメディアにて連載等を続けたいと思います。



 



もちろん、いつも好評頂いている日経BP主催の各種セミナーは引き続き定期的に実施致しますので、引き続きよろしくお願い致します。



関連記事

  1. 12/3 セミナー登壇「データを"立体的"に見る〜組織・個人に何が求められるのか〜」

  2. 「研修」と「ワークショップ」の組み合わせが実課題での成果に直結しています

  3. 統計学の研修がなぜ企業で受けないのか

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.53(で、それが分かると何がうれしいのか?)

  5. 新刊『武器としてのデータ活用術』見本が届きました

  6. 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』(1/29)開催!

PAGE TOP