データサイエンティストサミットで基調講演を行いました


11月20日九段下にて「Data scientist summit 2014 autumn」が開催されました。
この中で「『一般実務家に求められるデータ分析スキルとは』~分析専門家との違いはここだ!」
と題して講演をさせて頂きました。



当日は400名枠に850名もの申し込みがあったそうで、当日は400名満席の来場者に対して、データサイエンティストサミットにも関わらず、「一般実務に必要な技法は限定的で、それよりももっと大事な視点や発想が実務家には必要」という趣旨の話をさせて頂きました。



来場者からも、他のパネリストからも賛同を得られ、自分の進めている活動がサポート頂けたことがとても心強く感じました。



IMG_7059    IMG_7064



 



関連記事

  1. Udemy新講座『DX時代の自治体データ活用基礎 ~EBPMで仕事を進めるために』開講!

  2. 2018年2月『自治体職員のためのデータ分析の基本』講座に登壇します

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.66(課題を分解するときに感じる”難しさ“の正体)

  4. データ分析、データサイエンス、ビッグデータの関係は「家具作り」にあり

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.9(データの組織浸透度を確かめる6つの質問)

  6. メルマガ登録者が1800名を超えました

PAGE TOP