データサイエンティストサミットで基調講演を行いました


11月20日九段下にて「Data scientist summit 2014 autumn」が開催されました。
この中で「『一般実務家に求められるデータ分析スキルとは』~分析専門家との違いはここだ!」
と題して講演をさせて頂きました。



当日は400名枠に850名もの申し込みがあったそうで、当日は400名満席の来場者に対して、データサイエンティストサミットにも関わらず、「一般実務に必要な技法は限定的で、それよりももっと大事な視点や発想が実務家には必要」という趣旨の話をさせて頂きました。



来場者からも、他のパネリストからも賛同を得られ、自分の進めている活動がサポート頂けたことがとても心強く感じました。



IMG_7059    IMG_7064



 



関連記事

  1. 高校生向けにグローバルスキルに関する講演を実施

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.81~良い仮説の条件とは

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.72(あと一歩のプロセスが圧倒的な質の違いを生み出す)

  4. 日経BP主催 2大セミナーのご案内!(9/4と10/1)

  5. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。データ分析における逆転の発想とは」

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.2(組織の中で分析の納得性を高めるもの)

PAGE TOP