宣伝会議『100万社のマーケティング』連載です


宣伝会議『100万社のマーケティング』9月号が発売です。



行動経済学をマーケティングに応用した連載第2回は「損失回避」について。
「”得る”よりも”失う”ことへの心理的インパクトが大きい」という特性をどう商売に活かすのか、について書きました。



組織を動かすには、理屈だけでなく、「人を動かすために人のことを知る」ことも大事です。



このような内容を組織の課題解決プログラムの一部としてご提供しております。



 



CIMG5943 CIMG5944



関連記事

  1. 10/26 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』セミナー開催

  2. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

  3. 『日経情報ストラテジー』連載「マネージャのためのデータリテラシー講座」第5回

  4. 最新刊『武器としてのデータ活用術』の韓国語版がもうすぐ現地で発売です

  5. 『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.60(相関分析のコツ~“風が吹けば桶屋が儲かる”の相関は厳しい)

PAGE TOP