横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました


「1学期分の授業を1週間で終了する(3授業×5日間)」のビジネス損益シミュレーションの授業が終了しました。



この授業では、自分のビジネスモデルやアイデアを「思い付き」だけでなく、数字でその根拠も示せるための力を学生に付けてもらう内容です。



具体的には管理会計の一つとして、5年間の収益シミュレーションをExcelで作り、自らのビジネスプランの財務的な妥当性を数字で示すモデルを作ります。



一つのシナリオだけでなく、複数起こり得るリスクをもシミュレーションする方法を学びます。



何とか想定通りの成果を出すことができました。
みんな5日間大変でしたが、自分の想定を置いて、財務シミュレーションができるようになりました。最終ケースは難易度が高いものを出しましたがGood job!に仕上げてきました。



 



今後は、この内容を企業向け、ビジネスパーソン向けに基礎講座として提供を始めます。



ご興味がある方は是非ご相談ください。どのような業種、業界でも使えます。



CIMG6585



 





関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.27(仮説の作り方#2)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.10(「全てのデータを使用」でも結論を見誤る理由)

  3. 2022年度のご依頼受付中です(お早めにご相談下さい)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.47 (データ活用の成果を左右するもの(入口編))

  5. 『子供の貧困問題』をテーマとした地方自治体データ活用プロジェクト始動

  6. 動画解説:データ活用のための『美味しい料理理論』

PAGE TOP