実務データ分析虎の巻Vol.64(「データ分析で結果が出ない」よくある原因)


「データ分析で結果が出ない」よくある原因

 「分析しても思ったような結果が得られない」

このよくあるお悩みの原因の一つは、分析そのものではなくその前段階にあったりします。

 

研修の質を測るアンケート指標で考えてみましょう。

よくある指標の一つに「難易度」があります。

5)大変難しかった

4)難しかった

3)ちょうどよい

2)簡単だった

1)大変簡単だった

 

このスコアを集計して、難易度を知り改善につなげようとします。

恐らく何かしらの集計結果は出ることでしょう。

 

でもちょっと待ってください。

 

「難しい」の評価は皆同じ前提でできていると言えるでしょうか。

 

「難しい」には、

①講師の説明がわかり辛かった

②内容そのものが理解できなかった

③内容の理解はできたが、自分で実践するには難しいと感じた

④内容の理解はできたが、そもそも難しいトピックだと思った

 

などがあります。これらの前提が混在した上での回答データを集計して何かしら有効な示唆が得られるとは思えません。

正しいインプットの定義ができていないまま、前提がごちゃまぜのデータを集計・分析したところで「思ったような結果」は得られないのです。


関連記事

  1. 「ビジネスパーソンが持つべきデータリテラシー」と題した基調講演を致しました

  2. 『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)

  3. 講演します!『自治体におけるEBPMの実践に本当は必要なこと』(3/2)

  4. 11/11新刊発売です『データ競争力を上げる上司、下げる上司』

  5. BizZine連載『課題特定後に潜む、ロジカルデータ分析の罠──“方策くん”を卒業する要因思考』

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.42(「それは何で測るの?」を合言葉に)

PAGE TOP