日経コンピュータ連載『問題解決に導くファシリテーション術』


ファシリテーションの一番難しいところは”議論中”ではない

日経コンピュータ9月16日号に、連載『問題解決に導くファシリテーション術』として第2回の連載が掲載されました。

私が本質的にファシリテーションのポイントとして大事と考えている「議論の前」の準備について、6つのポイントを挙げて紹介しています。

コロナ禍でもそうでなくとも、チームや組織の中での合意や意思決定、判断は重要です。その効果的、効率的な進め方は大きく成果を左右することでしょう。

連載全部でなくとも、この号だけでもご覧頂きたい内容です。そして現在、このファシリテーション術について、新たなトレーニングプログラムを立ち上げようかと検討中です。
データ分析と併せて、ご興味ある方は是非ご相談下さい。


関連記事

  1. 翔泳社主催『「データ活用」徹底実践講座』(9/17)開催!

  2. 日経XTech新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第1回

  3. EBPMについて解説動画を作りました

  4. 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』(7/20)

  5. 【受講者1300名突破】Udemy 『実務直結”データを活かした”戦略的ストーリーメイキング講座』

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.32(分解と逆の発想)

PAGE TOP