日経コンピュータ連載『問題解決に導くファシリテーション術』


ファシリテーションの一番難しいところは”議論中”ではない

日経コンピュータ9月16日号に、連載『問題解決に導くファシリテーション術』として第2回の連載が掲載されました。

私が本質的にファシリテーションのポイントとして大事と考えている「議論の前」の準備について、6つのポイントを挙げて紹介しています。

コロナ禍でもそうでなくとも、チームや組織の中での合意や意思決定、判断は重要です。その効果的、効率的な進め方は大きく成果を左右することでしょう。

連載全部でなくとも、この号だけでもご覧頂きたい内容です。そして現在、このファシリテーション術について、新たなトレーニングプログラムを立ち上げようかと検討中です。
データ分析と併せて、ご興味ある方は是非ご相談下さい。


関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

  2. 地方自治体向け月刊誌「ガバナンス8/1号」特集記事を書きました

  3. 日経X-Tech連載『問題解決に導くファシリテーション術』

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.49 (分析者を悩ます係数の数々)

  5. 徳島の古民家からSkypeリモート授業を実施

  6. (7/18)『DXデジタル変革時代の データ活用・分析 2019』で基調講演します

PAGE TOP