新刊『武器としてのデータ活用術』見本が届きました


これまでの活動の集大成を本にしました。かつてない書籍だと思っています



 



10月15日に発売予定の『問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術』(翔泳社)の見本版が私のところに届きました。



 



この本では「データ分析活用に必要な”本当のこと”」を全て書いています。



 



結果的に一蹴されてしまったのですが、当初「中身の価値に合わせて価格を10万円にし、200部だけ刷りましょう」と提案しました。



10万円でも本当に必要としている個人や企業は全国に200以上あると思われるし、1600円を12000部売るよりも売上は高くなるはずですので。



提案を蹴られてしまった代わりに、後ろ帯の文言と「バスケットボールコーチをする2児の父」については、こちらの言うまま入れてもらいました。



 







 



 



 



 



 



 



 







関連記事

  1. 『日経情報ストラテジー』連載「あまのじゃくなロジカルシンキング第7回」

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.3(どこかで切ってみる発想)

  3. データ分析を組織定着させるカギ

  4. 横浜国立大学での留学生向け授業ビデオを作成しました

  5. 東洋経済オンデマンドプログラム再配信『実践!データ分析活用講座』

  6. カンボジアの現地中学校を訪問

PAGE TOP