オンライン記事:新刊『武器としてのデータ活用術』について


評価されるアウトプットを出せない人が過ごしてしまう「ある時間」とは



 



先週発売となった新刊『問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術』に関するオンライン記事が”新刊JP”のサイトで公開されました。





https://books.j-cast.com/book038/2019/10/15010020.html



 



記事の中身には私自身全く関与していないのですが、ライターの方にうまく纏めて頂きました(もちろん本の内容全体はここに書かれているだけではないですが)。



 



他でも言い続けていることではありますが、本書はビジネスパーソンだけでなく、高校生や大学生、そしてそれぞれで「問題解決」や「データ分析」など、自分で”答えのない問題に答えを出す”力を教えている先生方、これからの在り方を客観的、論理的に考える必要性のある自治体職員の方々などにも是非ご覧頂きたいと思います。



 



また、これからはそれらの方々に向けたプログラムにも力を入れて参りたいと思います。



 



よろしくお願い致します。



関連記事

  1. 「日経情報ストラテジー」連載最終回はこちら!

  2. 【再掲】翔泳社主催『柏木先生に学ぶ、実務家のための「データ活用」徹底実践講座』(1/22)

  3. BizZine連載「データドリブンが陥る落とし穴」ーRESASを用いた地方自治体課題解決プロジェクト実況中継

  4. 一般社団法人 行政情報システム研究所(AIS)で自治体データ活用の記事になりました

  5. Noteコラム『データ分析は目的ではない』

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.2(組織の中で分析の納得性を高めるもの)

PAGE TOP