【日経情報ストラテジー6月号連載】マネジャーのためのデータリテラシー講座


【日経情報ストラテジー6月号】の連載です。
連載第9回の今回は、グラフのトリックについて。
執筆時に毎週追いかけていた、横浜市のインフルエンザ情報をネタにしてみました。



B型は増えていない事実をグラフに騙されずに読み取る方法など。
横浜市の情報の見せ方がかなりミスリードだったので、ちょうどよいネタになりました。



 



情報を受け取り、読み取るマネージャクラスの人は、単にデータ分析のやり方を知っているだけではなく、”読み方”(つまりリテラシー)がより求められるのです。



 



リテラシーを付けたいマネージャ、そしてマネージャ以外の方も是非ご覧頂き、データ分析のアウトプットを読み取る力、騙されないスキルを身に付けてください。



T-1 T-2 T-3



 



関連記事

  1. 2021年もよろしくお願い致します。(令和3年度の募集始まっています)

  2. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。データ分析における逆転の発想とは」

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その3)

  4. 翔泳社主催セミナー『柏木先生に学ぶ、実務家のための「データ活用」徹底実践講座【オンライン】』(12/2)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

  6. 【東洋経済新聞社主催:戦略的データ分析活用講座10/27~】

PAGE TOP