BizZine連載「データドリブンが陥る落とし穴」ーRESASを用いた地方自治体課題解決プロジェクト実況中継


Bizzine



新潟県燕市にて現在行っている「データ活用スキルを高める人材育成プロジェクト」の実況中継連載の第2回がアップされました。



 



実課題、実データを用いながらプロジェクトを組んで取り組み、その中で成果を出しつつスキルを身に付けるというプロジェクトです。



http://bizzine.jp/article/detail/1887



 



今年度は「地場産業を活性化するのは?」をテーマに取組み中です。



地域経済分析システムとして内閣府が地方自治体の課題解決のためのツールとして導入を進めているRESASというオープンシステムを活用することも一つのテーマとして挑戦することにしています。



「具体的な成果を出す」には一般論の習得だけでは多くの人にはまだハードルが高く、”どうやって成果を出しているのか”を考えていく必要があると思っています。
そこまでやることが私自身好きですし、強みだと思っています。



 



プロジェクトとしては途中経過ですが、ご覧ください。



 



 



関連記事

  1. 行政でのデータ活用プロジェクトの紹介(新潟県燕市役所)

  2. 2019年地方自治体のサポートが大きく拡大します

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

  4. 4/20 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』開催です!

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.35(統計的精度はどこまで必要か)

  6. 【ウイングアーク社オウンドメディア連載最終回】

PAGE TOP