データ分析活用のプロセスと必要な5つのスキル(力)とは?


データ分析を活用するのは、統計学や分析手法の知識では立ち向かえません

データ分析を活用するためには、一つ一つ正しいプロセスの中で進める必要があります。

そして、それぞれのプロセスの質を上げるためのスキル(力)があります。

それをマッピングしたものがこちらです。

私の各プログラムではこれを基本としています。
それぞれのプロセスで何をどう考え、どのような手段があるのか、を修得して頂くことで全体としてのストーリー性(道筋)、と質の高い結論が作れるようになります。

最近増えている「講演」でもこれらの点をお話させて頂いております。

DXやデータサイエンスなど、「まずは導入」を試みてなかなか成果に結びつかずに悩まれている多くの企業や個人の方に多く共感頂いている内容です。

「とりえあず目の前のデータを分析すれば何か見えてくるのは?」

という発想をまず捨てて見ることが大事です。


関連記事

  1. 海外版の著作にサインさせてもらいました(横国)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.21(それは“誰の視点”での課題ですか)

  3. 『日経情報ストラテジー』マネージャのためのデータリテラシー講座連載最終回

  4. 「ロジカルに考える」とはどういうことか

  5. 受講者の声「データ分析活用標準ONLINE版」

  6. 多摩大大学院ビジネススクールで教授表彰を頂きました

PAGE TOP